クーカム

タイの女流作家トムヤンティの小説。クーカムとはタイ語で「運命の人」を意味する。
第二次世界大戦中、タイに進駐した大日本帝国海軍大尉「小堀(コボリ)」と、タイ政府高官の娘アンスマリンのラブストーリーを壮大なタッチで描く。

 

反日感情をいだくアンスマリンはコボリに対して嫌悪感を隠せずにいたが、彼の人がらを知るうちにだんだん彼にひかれていく。しかし彼女がほんとうの恋心に気づくころには、戦争という時代の大波が押しよせ二人は引きさかれてしまう・・・。

 

タイでは、なんども映画化される人気の高い名作だが、残念なことに日本ではDVDなどは販売されていない。小説は和訳「メナムの残照」として出版されているので興味のあるかたはご一読を。原文と比較して読めばタイ語のよい勉強になるので、タイ語学習者にもおすすめだ。